2011年12月10日

相乗、日。

こんばんは。












天上。




月を見上げていたら、首が痛くなりました。


嗚呼、幻想的。


良いタイミングで偶然見れて良かったです。










唄。




悠歌とは、Lament.以前から一緒に音楽をやってきています。


気付けば、付き合いもそこそこ長くなってきました、ね。


以前やっていたバンドで、メンバーが脱退し、二人でLiveを行っていた時期がありました。


サポートメンバーも居ない、完全に二人という状況下で数本のステージを踏んで、恐らくお互いに何か『確信』や『希望』のようなモノを得られたんだと思います。


今思い返すと、それがLament.の原点だったかもしれません、ね。


結局、形式は"形式"でしかないのでしょうね、良い意味で。


基本的に形式や枠に囚われるのって、苦手です。


語弊が生じてしまうような言い方かもしれませんが。。


でも、特別型破りな事をやりたい、という訳でもなくて。


どんなフィールドであっても、音楽である事に変わりはないですし。


僕らの思ったままを形にしているのが、Lament.というバンドです。


ちょっとだけ回帰する、日。


そんな悠歌君、また近々呑みましょう。










そんな日。





今日もお疲れ様。


posted by 依介 at 23:33| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

直結、日。

こんばんは。












解。




8日の映像を確認、反省、and 改善、日。


今日からまた、必死になります。






年末のこの時期になると、何かと、思い返してしまいます。


幼少期。音楽との出会い、等々。


コミュニケーションが上手く取れなかった自分にとって、音楽は対話そのものでした。


会話じゃなくて、対話。


だから今も、こうして密接な関係で居るのでしょう。


そんな冬の思い出、日。










そんな日。





今日もお疲れ様。
posted by 依介 at 04:43| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。