2015年11月10日

特殊、日。

及び、【特別】。


例えば、類は友を呼ぶ、同じ穴の狢、などと云う言葉が脳裏に浮かぶ場面にて。


そんな出来事は時に久々かと思えば、実は案外そうでもない。


思い返せば、今までも『理不尽』を挙げたらキリがない。


所謂裏の顔を知らなければ、『良い人』で通るのが世の常だ。


そもそも誰かを傷付けるつもりなんてなかった。


しかしながら、人は裏切る。


物体に永遠など無い。


ただただ、行き場の無い憤りは、今日もこうして『亡霊を造ってしまった』のだよと。


でも、カタチ無きものを実体に変える力は僕にもある。


最早夢も希望も無い世界、薄暗い一面に張り巡らされたその冷たくて脆い壁に、こう云う自らの想いは書き殴っておきたい。


そう云う想いも実は五年前と何一つ変わっていない。




2015/11/27(Fri)
池袋手刀
〜Lament. 5th Anniversary ONEMAN LIVE〜
【優雨空の哀詩】

■open 18:30 / start 19:00
■adv. ¥3,000 / door ¥3,500(D別)

《チケット取り扱い》
A:会場物販(No.01〜) ※09/17(木)〜発売

B:イープラス(No.01〜) http://eplus.jp/ ※09/20(日) 12:00〜発売
購入ページ(パソコン/スマートフォン/携帯共通)

C:予約(引き換え順)
件名に[チケット予約]とご入力頂き、メール本文に

・お名前
・メールアドレス
・予約日程
・予約枚数

上記の内容を明記のうえ、こちらへメールの送信をお願い致します
ticket@lament-web.com

■手刀予約 http://chop-tokyo.info/

《入場順》
A・B並列入場→C→当日券


http://lament.syncl.jp/




『何か』を『手繰って』くれた全てに『感謝の意』を込めて、『哀詩』を残す。
posted by 依介 at 15:46| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする