2017年01月02日

一月二、日。

こんばんは。












一月二日。


本日は、部屋の整理etc。


本当は年末に終わらせたかったのだけど、間に合わず、続きを。


玄関にまだ機材が置かれてあるのを見て、これは駄目だと思い。


そして、お天気が良い内に、お洗濯を。


そろそろ新しい洗剤に替えるタイミングがやってきたので、ちょっと楽しみです。


洗剤、大事。香りも、大事。


その後は、ゆっくりとGuitarを。




昨年は、自分とGuitarの関係性について、最も深く考えた時期でした。


そこに関しての結論と云うか、明確な答えはまだ出せていないけれど、これじゃないと駄目なんだと云う理由はハッキリあって。


つまり、答えと理由は違うのだなと。


Lament.で弾いているGuitarは、ある意味Guitarらしくはないと思う。其れ位、Lament.では好きに弾かせていただいておりまして。


自分の中でのスイッチの入れ方がいつしか変わっていたと云うか、変わるべくして変わっていきました。


CDとは全く異なるフレーズを弾いていることも多々ありますし、ソロなども気付いたらある日は殆どアドリブになっていたり。


それを自分らしさ、だとはまだ全然烏滸がましくて言えないですけど、Lament.のあの世界に入ると、無意識にそうなってしまう不可思議です。


でも、一歩その世界を出ると、冷静な自分とそのGuitarとの関係性について、強迫概念に近いモノが迫り来る日があります。


君にとってGuitarとは。などと。


今更、って思う自分と、今だからこそ、と思う自分が、葛藤を始めます。


子供の頃、友達のいなかった僕は、一日中ずっとGuitarを弾いていて、あの頃の僕にその問いを投げたとしたら、【ともだち】と答えると思う。もしくは、【あそびなかま】かなと。


今、Guitarのことを自然と『相棒』と呼んでしまうのは、もしかしたら先の話を踏まえると単に【しんゆう】に変わっただけなのかもしれないなと。


表現手法、商売道具、色々と呼び方はありますが、自分がGuitarを持ってステージに立っている内は、【心を映す鏡】そのものです。


嬉しかったら喜び、悲しかったら涙する、時に憤る。人の心そのものです。


その鏡が割れてしまったら、僕はあの場所で何も出来なくなる。だから、大切にしている。


拘りが薄いのは、何でもよいからではなく、厳密に言えばそれがGuitarであれば鏡になるのだから、僕は僕で立っていられると云うだけなのかもしれない。


それが、理由。です。


不正解な理由だったとしても、今はまだ不正解として受け止めます。じゃないと、居場所を失ってしまうどころか、映す心そのものが割れてしまう。それじゃ本末転倒。


そんな彼是を考えながらGuitarを弾き出していましたが、数分経てば無心になっています。


初めてGuitarで弾いた曲はあまり覚えていないのですが、弾けるようになった時に自然と溢れた笑顔、あの時の笑顔は、今の僕がたとえ笑えなくても、忘れてはいけない笑顔なんだと、思います。


新年早々、相変わらず纏まりのない支離滅裂な文章ですね、ごめんなさい。


整理していると、懐かしいものも色々と発見してしまったりして、ふと、彼是と考え込んでしまいました。


さぁ、10日の公演へ向けて、自主練習をします。


まずは、素敵なLIVE初めとなりますように。


本日も一日頑張りましょう。


おやすみの方は、ゆっくりしっかり休んで、心もリフレッシュさせてくださいね。


と、昨年は更新頻度が少なくなってしまったBlogですが、今年はマイペースを保ちつつ、ここに関しても昨年よりは『より良い回数(極力)』を目指していきたいと思いますので、何卒よろしくお願いいたします。










そんな日。





今日もお疲れ様。
posted by 依介 at 18:49| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする