2017年01月17日

ひとりで思う。

全然関係の無い独り言、日記。


まだ新しい一年が始まったばかりだと云うのに、良いことも悪いことも思う部分が沢山。


でもね、人間らしく生きてるなって、実感できています。


だから、僕は幸せだ。


もう長いこと音楽活動/バンド活動を続けているのに、演者、って名乗ることも時折烏滸がましく感じることがあります。


いや、ステージに立っている以上、演者なのですが。


向き合っているモノは音楽、しかし、戦っている相手は自分自身だったりします。


たった20分のステージだったとしても、自分自身が『敗北』を感じたとしたならば、僕はその時点で資格を失うことになる。


どんな場所どんな環境でも、やはり勝たなきゃいけない。


負けたくはない、なんて捻くれた考えはそろそろ捨てようかなと。


それでも、捻くれ者であることは変わりないのですが。


自分自身に勝ち続けたい、それが2017年の僕の目標かもしれません。


もう過去の話になりますが、赤裸々なことを云うと、僕は基本人を信用してきませんでした。


その経緯は様々ですが、多くの理由は、要約してしまえば裏切りだった。


バンド業界のことに特化して言えば、口先ばかりで全く腰を上げない夢追い人、理想ばかりを描いて中身は空っぽの夢追い人。


そのような類の方々を僕は音楽人ともバンドマンとも思っていませんが、関わらざるを得ない場面と云うのも避けては通れなかった。それは自身の甘さ、弱さ、そして沢山の勘違い。


でも、受け手がそう感じても、相手は無意識だったり、最早記憶から消し去ってしまってるのだろうと。


永遠など嘘、どうせいつかは居なくなるんだ、なんて、ずっと思っていました。


でもね、今僕の周りには、僕の身近には、そんなことを微塵も感じない、つまり『仲間』が沢山居て。


人生何があるか解らないと云うのは、本当です。


だから、今となっては、先ほどのような類の人間が近付いてきても、何とも思わないし、何も得るものはない。


未だ許し難い言葉も僕の心からはなかなか消えてくれません。


思い返すだけで気が狂いそうになることもある。


でも、それらは、全て、先ほど綴ったように、自分自身に勝ち続けていくことで、いつかは昇華/消化されると信じています。


ついでに、Lament.について。


特別、記念日でも何でもないですが、僕は悠歌と云う音楽人に出会わなかったら、きっともうこの道は諦めていましたし、こんな風にまた音楽と向き合うことも出来なかった。


DAMIちゃんとももう長い付き合いとなり、時には衝突したこともありました。
でも、今、自分がLament.で安心して任せられるベーシストは彼だけです。


御園君は一番付き合いとしては短いですが、不思議とそう感じなくて。
ある種のぶっ飛んだ感性で一気に壁を壊してくれたのかもしれません。
これまでのサポートと比べてしまうような表現はしたくないし、そんなつもりはないのですが、今のLament.が必要としているドラマーは彼だけです。


深夜、こんな時間、なんでこんなことを綴っているのか自分でもよく分かりませんが、妙にハッキリとそこは明言しておきたく思い、綴った次第です。


つまりは、今のLament.は最高且つ最強と云うこと。


誰かに安心感を与えたくて音楽と向き合っている訳じゃないと、自分の中でハッキリと答えが出たからこそ、言えること。


僕等が伝えたいのは、安心感じゃない。


今日は此処に居るけれど、明日はもう此処に居ないかもしれない。


当たり前じゃないことを、さも当たり前かのように演じることが、『意識』ではないかと。


ただただ、SNSで言葉の羅列を並べれば良いと云う訳ではない。


後日見返したら、消したくなるような内容かもしれないけれど、率直な本心。


そして、本音は、ステージで。


おやすみなさい。
posted by 依介 at 02:34| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする