2017年08月07日

見上げれば血塗れ、日。

最近、どうも狂う出来事が多く。


遭遇する、と云うよりは、既に出会っていたが、気付かなかった、と云うことが日に日に発覚している感覚。


不条理な世界だな。


罪の意識の無い気遣いが最も罪深いな。


僕は優しくも無ければ性格も悪いから、煩いよ、煩いな、なんて、ついそんな言葉を放ってしまうが、時に言わなければ気付かない類もいるのは事実で、気にせず放っておける程寛大で広い心は持ち合わせていないんだ、ごめん。


良い人と思われたくないし、実際良い人じゃないんだ。


とっくに汚れきった人間だから。


もう何年も、この時期になると、気が狂うな。致し方無い。


が、演奏している時は、何もかも忘れられる。


つまり自分も救われているんだよね、音に。


死ぬまでこうして居たいのにな。


冒頭はおかしなことを綴ってしまったが、本当に僕は僕等は今恵まれている。


状況と反比例する毎日でも、人の温かさに恵まれている。


いつからか、賛同者を探すことに執着していたけれど、背負うのは自分だけで良くて、大切な人達には、単純に幸せで居て欲しいと素直に思う。


たとえもう会えない相手でも、思い続けることは出来るから。


おやすみ世界。
posted by 依介 at 01:01| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする