2017年12月30日

二〇十七。

こんにちは。












終。




早いもので、2017年も明日で終わりとなります。


振り返れば、あっという間の一年だったなと。




────────────────────
01/10:高田馬場AREA[E.T主催EVENT「NEW HORIZON」]

01/11:2nd Mini Album【躁像ゼンタングル】一般Release

01/27:池袋手刀["Lament. 2nd Mini Album Release After Live"『狂騒ゼンタングル』]

02/06:池袋手刀[「深遠 vol.3」]

03/26:下北沢MOSAiC[THE VELVET主催「真夜中のサーカス 第二十七怪」-東京夜会-]

04/13:池袋手刀[glamscure presents 1st full album「shadowscapes」release party『異形の影絵』]

05/11:恵比寿club aim[bask in the deep/nüe/Lament.共同主催『三年目ノ真実』〜青木淳平生誕祭〜]

05/31:池袋手刀[A113『散ル散ル満チル』リリースツアーファイナル東阪主催]

06/29:池袋手刀[Lament. Presents『Lamentation of "Canvas" -Scene 12-』]

06/29:一音-kazune-(Bass) 加入

07/18:池袋手刀[Carpe diem presents 「時計の刻む音」]

07/25:高田馬場AREA[Takadanobaba AREA presents "TOY'S IN THE ATTIC"]

07/31:高田馬場AREA[THE VELVET&マルコ共同主催「ひと夏の経験」]

08/17:心斎橋FanJ[E.T × Lament. Coupling EVENT TOUR 『The Different World -Beyond The Border- in OSAKA』]

08/17:会場&通販限定第四弾Single【蓮と落陽】Release

08/18:名古屋今池3STAR[E.T × Lament. Coupling EVENT TOUR 『The Different World -Beyond The Border- in NAGOYA』]

09/04:池袋手刀[E.T × Lament. Coupling EVENT TOUR 『The Different World -Beyond The Border- in TOKYO』]

09/08:目黒LIVE STATION[dieS presents 「見る幻に毒を盛れ2017-2DAYS SIX/NINE-」]

09/11:池袋手刀[シャカガウマレタヒ]

10/17:高田馬場AREA[ジグラットの主催(雨) 〜ハロウィン〜]

10/24:池袋手刀[爆裂ハロウイン]

11/04:神戸KINGS X[E.T主催EVENT『EVIL CARNIVAL -Another Side-』-3MAN-]

11/13:目黒LIVE STATION[Lament.七周年記念特別企画ONEMAN LIVE『Coexistence&Addict』]

11/27:高田馬場AREA[Lament. 7th Anniversary LIVE『抒情パラレル』]

12/17:池袋手刀[Lament. ONEMAN LIVE『百合色の雨と、つがいの残響』]

12/17:会場&通販限定第五弾Single【ノンフィクション インフェクション】Release

12/22:Bigtwin Diner SHOVEL[The Ghost inside of Me 1st Full Album Release記念主催 "普遍的長編演目「色を失くした美術館と未完成の肖像」"]

────────────────────




例年に比べると、今年は公演本数自体は少なめでした。


ただ、一本一本がより色濃く、しっかりと中身のあるステージをお観せすることが出来たかなと、自分自身はそう思っています。


着実な一歩を。そんな想いを大切に、過ごしてきた2017年。


思い返せば本当に色々な出来事がありました。バンド的にも個人的にも。


細々としたことを綴り出すとキリがないというか、膨大な量となってしまいますので少し割愛させていただきますが、また一つ大きな成長を遂げることが出来た一年でした。


自分にとって人生とは、音楽とは、バンドとは、など、初心に立ち返ることの大切さを改めて学ばせていただきました。


また、人と人の繋がりは財産だなと、心底感じました。


改めて、今年一年Lament.を支えて下さった全ての皆様へ、心より感謝申し上げます。


そして、明日31日、2017年最後の公演。




2017/12/31(Sun)
池袋手刀

【楽園系カウントダウンギグ(仮) 2017→2018】

■open 17:00 / start 17:30
■adv. ¥0 / door ¥0(D別)

《CAST》
カラビンカ(カウントダウン)
the moopees
about tess
MUNIMUNI(canou/ankou/tomo/-sin-taro/-sin-pay.m)
TAKASHI
THE HIGH GRIP
マルコ
CYTOCHROME
THE VELVET
ファラオ
Lament.

※Lament.の出演予定時間は19:30〜となります

http://www.chop-tokyo.info/2017/10/1231sun.html

※料金→0円+ドリンク代金につき、チケットの御予約は不要です
※状況によっては、入場を規制する場合がございますので、予めご了承下さい
※22:00以降は18歳未満及び高校在学中の方は御入場出来ません
※22:00以降、IDチェックがあります。必ず写真付きの身分証明書をお持ち下さい
※再入場可能です(手の甲にスタンプ押印致します)
※荷物による場所取りは禁止しています
※ステージ正面の柵に、タオル/衣類等を絶対にかけないでください。場所取り行為と判断し撤去致します。
※極端に早い時刻から入口に並ばないようお願いします。開門の10分前から整列お願いします。



20171231_TIME.jpg




昨年に引き続き、今年も出演させていただきます。


2017年の最後の最後、思いっきり楽しみましょう。


僕も、誠心誠意、届けたいと思います。


それでは明日、池袋手刀にて、お待ちしていますね。


少し早いですが、今年もお疲れ様。


皆様、良いお年をお迎え下さいね。


posted by 依介 at 12:03| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月29日

百合色の涙。

大変遅くなりましたが、12/17、東京単独公演。12/22、大阪公演。


足を運んで下さった皆様、本当にありがとうございました。


両公演共に、最高のLament.だったと思います。


いつも、ステージに立つ時の想いは変わりません。


届けたい。届きますように。と。


これからも、その想いだけは、唯一無二。


どんな環境、どんな場所、どんな瞬間であっても。


変な表現ではありますが、-Lament.-と云う存在に出会えた事、僕自身感謝しています。


lament=哀歌。


人の死を悼んで創作する歌。


先日、僕の父が亡くなりました。


最期まで、闘い続けた父。


本当によく頑張ったと思います。


今でも、まだ会えるような気がしてならないです。実感がない。


今でも、涙が止まりません。




僕は、このLament.と云うバンドを始めてから、漸くその真意と心の底から向き合う事が出来たような気がしています。


哀歌とは何なのか。


これからも、僕は哀しみを胸に、今までと変わらず、哀しみを伝え続けていきたいと思います。


いつもLament.を支えてくれている全ての存在へ。


ありがとう。


Lament. 依介
posted by 依介 at 14:55| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月03日

燈し、日。

こんにちは。












遅くなりましたが、11/27 高田馬場AREA【Lament. 7th Anniversary LIVE『抒情パラレル』】、ご来場頂きありがとうございました。




【Set List】
01. Lily

02. BIZARRE(新曲)

-MC-

03. ノンフィクション インフェクション

04. 独白

05. UNMASK

06. LOST GARDEN

EN. 落陽




遅くなりましたが、ありがとうございました。


七年と云う月日を上手く言葉で綴るのは難しいですが、ひとことで率直な言葉を選ぶなら、『感謝』です。


お客様に、関係者の皆様に、そしてメンバーに。


Lament.に関わってくれている全ての方へ。


Lament.と出会ってくれた全ての方へ。


心から感謝しております。


本当にありがとうございます。


Lament.共々、これからもよろしくお願いいたします。




そして、いよいよ、次回。




【Lament. ONEMAN LIVE『百合色の雨と、つがいの残響』】




この公演は、かなり前から決めていた単独公演。


ある種、僕等にしか分からない決断かもしれません。


誤解を恐れず話しますが、僕の中では、今後のLament.の、いや、今後の音楽人としての、ひとつの名誉を賭けている。大袈裟な言い方かもしれませんが、それが本心。


深読みしないで欲しいですが、それが素直な心情。


ただ、継続と存続は全く別の意味だから。


八年目の勝負。


勝ちたい。


何卒、よろしくお願いいたします。
posted by 依介 at 14:37| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。