2017年12月29日

百合色の涙。

大変遅くなりましたが、12/17、東京単独公演。12/22、大阪公演。


足を運んで下さった皆様、本当にありがとうございました。


両公演共に、最高のLament.だったと思います。


いつも、ステージに立つ時の想いは変わりません。


届けたい。届きますように。と。


これからも、その想いだけは、唯一無二。


どんな環境、どんな場所、どんな瞬間であっても。


変な表現ではありますが、-Lament.-と云う存在に出会えた事、僕自身感謝しています。


lament=哀歌。


人の死を悼んで創作する歌。


先日、僕の父が亡くなりました。


最期まで、闘い続けた父。


本当によく頑張ったと思います。


今でも、まだ会えるような気がしてならないです。実感がない。


今でも、涙が止まりません。




僕は、このLament.と云うバンドを始めてから、漸くその真意と心の底から向き合う事が出来たような気がしています。


哀歌とは何なのか。


これからも、僕は哀しみを胸に、今までと変わらず、哀しみを伝え続けていきたいと思います。


いつもLament.を支えてくれている全ての存在へ。


ありがとう。


Lament. 依介
posted by 依介 at 14:55| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする